GODの礼拝堂

極まる侵略GODに特化したネタ切れ必至のブログ。日、木更新。

【デュエマ】今握ってるドロマーGODを解説②

えーということで前回の続きです。今回は残り18枚、コスト9じゃないカード達を紹介していきます。あ、タッチィです。

 

構築は前回のを見てください。(ダイマ)

 

採用カード解説

テック団の波壊Go!×4

青黒の最強トリガーですね。色基盤でもあるので容赦なくマナに置きましょう。大会で初手がこれ3枚だったときはマジで絶望しました。たまーにこれで新世壊剥がして1コスとGioだして突っ込むこともあります。防鎧を複数並べてたら時々発生します。

 

音奏プーンギ×3

呪文メタですね。強いです。パワー2500なのである程度の場持ちはあります。あとこいつのGR召喚は滅多に使わないんでGRは用意しなくていいです(使ったことない)。このへんの進化元は環境によって変えましょう。

 

墓標の封じ 遥典×3

超天編1弾で登場したカードです。能力覚えてない人もいると思うんで貼っときます。

 

墓標の封じ 遥典 光

クリーチャー コスト3 パワー3500

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■クリーチャーを、墓地からバトルゾーンに出せない。

■呪文を墓地から唱えることはできない。

六奇怪の三 〜意思を持つ水〜 水

呪文 コスト2

■バトルゾーンにある相手の、クリーチャーではないカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

■カードを1枚引く。

 

採用理由はムカデや新世壊の除去ですね。デスザークの下のカードを剥がしてタップインを消すこともできます。←10/12追記:よく考えたら無理でした。

GODはタップインがハンデスの次に苦手です。Gioがタップインになったら侵略できないんです。また、青魔道具も不利対面で、サファイアロックがかからない上に普通の構築ではカード指定除去はテック団しか積んでいません。大体GODが出る前にやられます。

そこでこのカードを採用してみました。上は進化元として出せ、ロマノフにぶっ刺さります。下面もドロソが引けないときの最低限のドロソになります。パワーも3500となかなかあるので場持ちも悪くありません。(ヴェルデは知らん)

最近はハンデス型ダムドってのが流行ってるらしいので防鎧とかベルリンにしてもいいかもしれません。結局ヴェルデにやられることには変わりないですが。

 

デモンズ・ライト×4

優秀なドロソ兼除去札です。双極編で復帰したとき、大量の踏み倒しメタのせいでGODが全く勝てなかったので、これを入れる為に急遽ドロマーにした経緯があります。これのugcめっちゃ好き。

ugcといえば、僕は前にGODがugcになったら裸で町内一周走るなんてことを友達に宣言しちゃいました。GODのugc化が決まったら国外逃亡する所存です。

 

コアクアンのおつかい×4

最強ドローソース。4投しない理由がない。このデッキならほぼ3ヒットします。僕はよく外しますが。正直言うとこいつのせいでGODの構築はかなり縛られてます。まあ結局4投するけど。水単カードを他に積みたかったらアカデミーホウエイルでもいいかもしれません。アクアン解除はよ。

 

正直この辺のカードはおつかい、デモライ以外は自由枠に近いです。

 

はい。これで今回は終わりです。思ったより短かったですね。次回は改造案かプレイング解説になりそうです。では。